FC2ブログ

記事一覧

鵝肉先生@花蓮 2018.08 花蓮・台北旅行




太魯閣渓谷観光(過去記事→https://blogs.yahoo.co.jp/rollingattack_2016/15840114.html)からホテルに戻り少し休憩。

さて、夕食だ。






鵝肉先生




今回泊まるホテルを予約したときに、ググマで場所を確認。するとこのお店を発見。鵝好きとして、必ず訪問しようと思っていたお店なのだ。

店内の様子はこんな感じ。






注文表は二種類ある。





鵝肉後段に「一」を入れておる。どれだけ気がはやっているのだろう。



何はともあれ台湾啤酒。



鵝肉のタレと骨入れのお皿かな。



おつまみに、好物の皮蛋豆腐を。











日本でも売っているので、買ってみようと思うのだが、このタレの作り方が分からず、躊躇している。



激しく混ぜ混ぜしていただきます。









見た目は悪いが、これが旨いのだ。



さて、ここで主役の登場だ。
鵝肉後段









後段はもも肉という理解でいいのかな。

生姜とタレを絡めていただく。







うまーい。



台湾は何を食べても旨いのだが、最近は何しろ鵝肉がお気に入り。もしかしたらこいつを食べることが、訪台の一番の目的になっているかも。



角度を変えてと。





燻製のものも食べたかったが、注文の仕方が分からない。そろそろそれくらいの語学力は身に付けたいが。。。





ここから次々に料理が着荷する。

炒龍鬚菜











台湾で青菜炒といえば、空芯菜がメジャーなのかもしれないが、たまには龍鬚菜もいいだろう。
日本ではスーパーでも八百屋でも見たことがない。調べてみるとハヤトウリの葉みたいなので、実だけ使って葉は捨ててしまっているのだろうか。





嗆虱目魚肚









台湾ではメジャーなお魚。サバヒーの煮たやつ。

脂ののり、とろける食感。部活帰りの高校生なら、これだけどんぶり飯を三杯はたべられるだろう。












冰脆蔥油雞











台湾の鶏肉は本当に旨いのだ。






魯肉飯







メニューにあったら、頼まずにはいられないのだ。





鹹酥蝦







締め(?)の魯肉飯の後に着荷。これはおかずよりつまみだよね。再び啤酒のペースが上がる。



指まで旨い。





三人でもちょいと頼みすぎたかな。あまりは部屋飲み用に打包してもらってお会計。





台北に比べ大分お安く感じるな。なかなか機会はないが、花蓮に来たときはまた訪問したい。




満腹だが、部屋飲みに少しだけ買い物をしてホテルに戻ろう。





https://gourmet.blogmura.com/taiwangourmet/ranking.html にほんブログ村 グルメブログ 台湾食べ歩きへ(文字をクリック)




台湾旅行ランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 一人酒へ
https://sake.blogmura.com/hitorizake/ranking.html (→文字をクリック)



男の料理ランキングへ


関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

鴨とか鵞鳥とかアヒルとかが、けっこう好きです。
燻製しているのもあるなら、そっちも食べてみたいですね。

No title

こんにちはぁぁ~
台湾へ行ったならば、ガチョウ肉を食べなきゃって云いますよね。
そんなんに美味しいのでしょうか???
ガチョウってアヒルとは違うのですかね?
その後出てきた魚料理も美味しそうですね。
台湾へは是非行ってみたいですよぉ

No title

> てつあんさん

鵝肉の旨さは台湾で開眼。もはやそれが目当てで台湾に行くと言っても大袈裟ではないですね\(^o^)/

No title

台湾の鶏肉の美味しさは、初めから気付いていましたが、鵝肉は一昨年くらいかな?最近知りましたよ(´∇`)

今風に言うと、これは「ヤバイ」です\(^o^)/

No title

> 小美(チビ)ちゃんさん

「台湾へ行ったならば、ガチョウ肉を食べなきゃ」→この格言知りませんでしたよ。実は旨さに気づいたのは最近です^^;

小美(チビ)ちゃんさんなら台湾は気に入るんじゃないかな~(´∇`)

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター

プロフィール

rollingattack

Author:rollingattack
ヤフーブログから引っ越してきました。
慣れるまでは更新も滞るかもしれません(^^;

台湾旅行

台湾食べ歩き