FC2ブログ

記事一覧

鶏ムネ肉とぶりの塩麹漬け@自宅飯




仕事で埼玉へ。帰宅途中、目についたスーパーで買い出しに。



先ずは鮮魚売場をチェックするのが最近の傾向。

するとこんなものが目に留まった。






ぶりの切身が100g98円の特価。その上1切れ当たり約200グラムのビッグサイズだ。ちょっと考えたがかこの中に。



次に精肉売場へ。お手頃価格の上、半額シールの付いた鶏ムネ肉の塩麹漬けを発見。






これも安いね。しかもと鶏肉は国産だ。その上最近はまっている塩麹漬け。こいつも思わずかごに投げ入れる。





車中でたんどりを考えながら帰宅した。






鶏ムネ肉の塩麹漬けは当日消費しよう。で、ぶりはとてもとてもマンネリの上、鶏肉と被るが、保存のことも考え塩麹でつけてしまうことに決めた。






先ずはぶりの仕込み。ラップをはずすとこんな感じ。








購入から2時間は経っていたが、たっぷり氷をもらって持ち帰ったので、鮮度的には全く問題なし。



こいつに塩麹を塗りたくり、プレスンシールで空気が入らないようにラップし冷蔵庫へ。















ではでは、この日のつまみに鶏ムネ肉の塩麹漬けを焼いていく。

ラップを取るとこんな感じ。










くっつかないホイルをフライパンに敷いて、焼くだけだ。










こんな感じに焼き色が付いたら、










ホイルを被せ、蒸し焼きっぽくして中まで火を通す。







で、完成だ。芋焼酎の炭酸割でいただこう。








ちょつと火を通しすぎたか。少々パサつくが食味はいい。これは焼酎の炭酸割が進むな。









半分は白飯のおかずにするつもりだったのだが、全てつまみとして食べきってしまったのだ。






後日。

仕込んだぶりはこんな感じ。








少し血合いの部分が偏食してしまったが、まあいいだろう。






200g近くあるので1切れで十分だな。こちらもフライパンにくっつかないホイルを敷いて焼くだけだ。










こんな感じに焼き色が付いたら、










ホイルで包んで中まで火を通す。




最後に強火にして余計な水分を飛ばしたら完成だ。






定食風にしていただく。

全景。










ぶりの塩麹漬け












1切れでもこのボリューム。











塩麹の漬かり方もいい感じ。なにしろこのボリューム。おかず多めのペースで食べても、白飯が足りなくなるピンチだったが、なんとかお代わりは止めたのだ。






それにしても塩麹漬け、全然飽きないな。まだ、しばらくマンネリな記事が続きそうだ。






https://gourmet.blogmura.com/taiwangourmet/ranking.html にほんブログ村 グルメブログ 台湾食べ歩きへ(文字をクリック)




台湾旅行ランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 一人酒へ
https://sake.blogmura.com/hitorizake/ranking.html (→文字をクリック)



男の料理ランキングへ


関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

大ぶりカットのブリ!
にやにやしてしまいましたよ。(^^)

No title

> てつあんさん

ぶり被りでしたね。←これもか(^-^;

いつもお腹がペコペコな高校生だったら、丼飯三杯はいけるんじゃないか?くらいの大ぶりカットのぶりでした\(^o^)/

No title

実は一昔前に大流行したヤツで、今更感満載なのですが、、、、
私も魚食を増やそうと思わなかったら、この旨さに気づかなかったはずなので、ひとつ人生が豊かになったのかなと(o^ O^)シ彡☆

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター

プロフィール

rollingattack

Author:rollingattack
ヤフーブログから引っ越してきました。
慣れるまでは更新も滞るかもしれません(^^;

台湾旅行

台湾食べ歩き