FC2ブログ

記事一覧

公正包子店@花蓮 2018.08 花蓮・台北旅行




五覇焦糖包心粉圓氷(過去記事→https://blogs.yahoo.co.jp/rollingattack_2016/15742843.html)のあと。

まだまだ食べるのだ。



こちらも事前に調査していたお店だ。



公正包子店。




外観










台湾ではよく見る、店頭に厨房があるタイプだ。






店内はかなり混雑している。これも台湾ではよくある相席でなんとか席を確保。

メニューというか注文票はこちら。


事前に調査していた通り、小籠包と湯餃を注文した。






待っている間、店内の様子をパチリ。




相席だった地元のお客さんが、タレのある場所を教えてくれた。台湾人は優しいね。






さて、着荷した。

全景


これは旨そうだ。



小籠包










南部の方で見かける、肉まんに近い小籠包だ。これは腹にたまりそうだ。



湯餃






スープは見た目、酸辣湯のようだが、酸味も辛味も無く台湾らしい優しい味わいだ。






隣のお客さんが入れ替わり、小さい子供二人を連れた家族が着席した。注文は蒸餃が四籠と小籠包が二籠と蒸籠のタワーができていた。瀑食家族?

見ていると子供たちが食べる食べる。それも蒸餃ばかりを食べ続けている。



ここで、入り口近くにあるメニューがかかれた看板を改めて見ると、


蒸餃は小籠包・湯餃とともに推しメニューのようだ。

これは悔しい。が、さすがに腹は限界に近いので断念。この後も食べなきゃいけないものがあるし、翌日再訪するか。






そのご家族、最後の蒸餃をお父さんがパクり。すると子供たちが泣きそうな顔で文句を言っていた。

ちょっと癒された出来事だったのだ。






https://gourmet.blogmura.com/taiwangourmet/ranking.html にほんブログ村 グルメブログ 台湾食べ歩きへ(文字をクリック)




台湾旅行ランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 一人酒へ
https://sake.blogmura.com/hitorizake/ranking.html (→文字をクリック)



男の料理ランキングへ


関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

小籠包は一つでお腹いっぱいになりそうです。

湯餃はこれで三人分でしょうか。
すごいサイズですね。

No title

> てつあんさん

たまにこのタイプの小籠包に出会いますよね。5個で良かったですよ(^-^;

湯餃は一人前注文して三人でいただきました。餃子10個入りのボリュームです(^-^;

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター

プロフィール

rollingattack

Author:rollingattack
ヤフーブログから引っ越してきました。
慣れるまでは更新も滞るかもしれません(^^;

台湾旅行

台湾食べ歩き