FC2ブログ

記事一覧

いさきを捌いて喰らった@家飲み② 刺身・白子ポン酢




この時(過去記事はこちら)の続き






先ずは白子ポン酢を。










軽く湯通しし、よく洗い、それでも汚れているところはトリミングする。















適当にカットしポン酢に投入。











いったん冷蔵庫へ。






身は刺身にしよう。












骨抜きで中骨を抜く。














片身は湯霜にチャレンジだ

縮み防止に皮めに切り込みを入れてみた。










熱湯をかけ直ぐに冷水につけるとこんな感じに。やはし少し縮れてしまった。













もうひとつの片身は普通に皮をひいて刺身用にした。





















刺身用に適当にカットし盛り付け。






白子ポン酢用に小ネギをカット。

普段は面倒なのでカット済のものを買うことが多いのだが、品切れしていたため普通に素材を購入し、かっこつけてこんな感じでみじん切りにした。



























で、諸々完成だ。

全景。










刺身













角度をかえてと。







普通の刺身はこんな感じ。

















湯霜はこう。
















白子ポン酢










副菜は出来合いのべったら漬けとだし巻き玉子。















いいじゃないか。





こうして並べると、なかなか豪華な食卓になった。

いさきの刺身はものすごい脂ののりだ。白身の魚でここまで脂がのっている魚はあまり経験がないな。適度にその脂の落ちた湯霜は皮の食感がいい。噛みしめるとじんわりと旨味が口に広がるのだ。

白子ポン酢は間違いのない食味。量は少ないが、旨味が強いし、またプリン体摂取を考えるとこれくらいで丁度いい。






これは間違いなく焼酎の炭酸割がすすむのだ。





酒のあてとして刺身は十分な量。余りで締めを作ろう。





続く。





https://gourmet.blogmura.com/taiwangourmet/ranking.html にほんブログ村 グルメブログ 台湾食べ歩きへ(文字をクリック)




台湾旅行ランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 一人酒へ
https://sake.blogmura.com/hitorizake/ranking.html (→文字をクリック)



男の料理ランキングへ


関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

おはようございます
素晴しいイサキ料理になりましたねぇ
お造りに湯霜までとは
おまけの白子はポン酢ね。
コレで晩酌は最高ですねぇ

No title

> 小美(チビ)ちゃんさん

いさきは脂ののりがすごかったので、普通の刺身より少しだけ火を通した方が食べやすいかもです(^ω^)

次はハンディバーナーで炙ってみようかなぁ\(^o^)/

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター

プロフィール

rollingattack

Author:rollingattack
ヤフーブログから引っ越してきました。
慣れるまでは更新も滞るかもしれません(^^;

台湾旅行

台湾食べ歩き