FC2ブログ

記事一覧

おざら@自宅飯




日帰り出張で山梨に。

その土地の食文化を知るにはスーパーに行くのがてっとり早い。時間があれば満遍なく売場を見て回ってしまう性分。






麺コーナーへ。山梨といえばほうとうか富士吉田うどんだと思うが、こんなものが目に留まった。ちょっと試してみるかと購入。











どうやらほうとうを冷やしてつけ麺風にしていただくということみたいだ。



一応裏面も。







中身は麺のほか、濃縮スープが付属。









地元に帰ってまた買い物に出るのは面倒なので、具材になりそうな牛肉も買っておいた。















鍋に水を張り牛肉を煮る。













灰汁をとり、付属の濃縮スープを入れる。



















麺はこんな感じ。












ほうとうというより、幅広のうどんのような見た目だ。







麺茹で。この日は半分使用。


















その間に長ネギをカットし汁に投入。









いい感じでネギがくたっとしたところで火を止める。












このまま、白飯のうえにのせて牛丼として食べたいとところをぐっと抑える。








麺は10分ほど茹で、冷水で締める。
















あとはそれぞれ盛り付けて完成だ。

全景。










おざら








ぴかぴかに光って旨そうだ。







つけ汁















麺をつけ汁につけていただく。




麺リフト。

















いいじゃないか。






ほうとうというと、加水の少ないぼそっとした食感で、小麦を感じるような食味だと思っていたが、こちらはもっちりはしているもののツルツル食感で、少々イメージが違った。

これなら普通にうどんでもいいのでは?と思ったが、山梨県民にとってはきっと違いがあるのだろう。








後日。残り半分を。特に差別化はしていないので、出来上がりだけ。

























牛肉を具材に使った汁が旨い。

この辺ではおざらは手に入らないだろうし、うどんで代替しまた作ってみよう。






https://gourmet.blogmura.com/taiwangourmet/ranking.html にほんブログ村 グルメブログ 台湾食べ歩きへ(文字をクリック)




台湾旅行ランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 一人酒へ
https://sake.blogmura.com/hitorizake/ranking.html (→文字をクリック)



男の料理ランキングへ


関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

異文化を語るには見識が伴いますよね〜赤出汁 赤味噌 きしめん
今では拒否反応

No title

こんばんはぁぁ~
「おざら」? 初めて聞きましたがなんかきしめんの冷やしたのにも似ていますね。
コレ美味しそうだわぁぁ、私も山梨に行ったら買いたいですね。

No title

> えいとまんさん

おっしゃる通り、表面だけで異文化を語ってはいけませんね。

名古屋の八丁味噌はどれだけ塩辛いのかと思っていましたが、矢場とんの味噌カツを食べて、考えを改めました\(^o^)/

これは旨かったなぁ(^ω^)

No title

おざら。。。。?

なんじゃそりゃ、という思いですがあえて調べません。

世の中の全てを理解するって、多分つまらないと思うのですよ。




という負け惜しみ。

No title

> 小美(チビ)ちゃんさん

確かに旨かったです。

問題はうどんでも代替が利くのでは?ということ。。。

おざらでなければならないという理由を知りたいです。

でも、自分では調べません。何かの拍子で知れればいいかな(^-^;

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター

プロフィール

rollingattack

Author:rollingattack
ヤフーブログから引っ越してきました。
慣れるまでは更新も滞るかもしれません(^^;

台湾旅行

台湾食べ歩き