FC2ブログ

記事一覧

牛もも切り落としを使っていろいろ⑤@自宅飯 肉うどん




牛もも切り落とし肉五食め。

その一
https://blogs.yahoo.co.jp/rollingattack_2016/15495558.html

その二
https://blogs.yahoo.co.jp/rollingattack_2016/15495586.html

その三
https://blogs.yahoo.co.jp/rollingattack_2016/15495623.html

その四
https://blogs.yahoo.co.jp/rollingattack_2016/15495648.html




さすがに飽きてきたので、目先を変えて白飯にのせる以外の方法で。

生タイプのうどんを購入し帰宅した。










麺茹で。








何度か差し水。








麺は二人前。先ずは釜玉にしよう。

器にうどんを盛り、








肉と生玉子をのせる。










刻みネギをパラリとやって完成だ。














飲んだあとの締めのつもりが、キンミヤの炭酸割が奥に見える。
確かに牛煮込みはつまみにもなるだろう。

よく混ぜて、醤油で味を調整しいただく。












パサパサ食感の肉は置いておいて、それ以外はなかなかの仕上がり。
面倒だったので冷凍うどんにしようかとも思ったのだが、生タイプの麺を使って正解だ。





お代わり。二食めはかけうどんに。

残りの麺は冷水で締めておいたのだ。お湯で温め直すのは面倒だったので、白だしで作った汁に入れてしまう。








麺だけ先に盛り、生玉子をオン。








肉をのせて熱々の汁を注ぐ。刻みネギと七味唐辛子をパラリとやって完成だ。



















玉子の白身に、少し火が通った感じにしたかったのだが、色が殆ど変わらなかったのは残念。

しかし肉がパサパサなのは置いておいて、汁物の方が飲んだあとの締めとしてふさわしいな。





これにて、745gの牛もも切り落としを使い切った。

価格は555円で5食を賄えたので、一食当たり111円。

カレーかシチューも考えたが、煮込みという形の方が、いろいろ派生できたのでよかったか。





ただ、次回は脂ののった部位を使うか、赤身なら赤身で柔らかくなる工夫をしたいね。





https://gourmet.blogmura.com/taiwangourmet/ranking.html にほんブログ村 グルメブログ 台湾食べ歩きへ(文字をクリック)




台湾旅行ランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 一人酒へ
https://sake.blogmura.com/hitorizake/ranking.html (→文字をクリック)



男の料理ランキングへ


関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

五回分のおかずになったのはかなりCPが高いですね〜(^o^)丿

No title

> 猿吉君ビールはジュース!!さん

こういう大パックを使いきると達成感がありますね\(^o^)/

猿吉君さんの自炊記事も楽しみにしています(^ω^)

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター

プロフィール

rollingattack

Author:rollingattack
ヤフーブログから引っ越してきました。
慣れるまでは更新も滞るかもしれません(^^;

台湾旅行

台湾食べ歩き