FC2ブログ

記事一覧

若鶏こにくを使って鍋に@家飲み




この時購入したぶり(過去記事→https://blogs.yahoo.co.jp/rollingattack_2016/15407156.html)と同じ日のこと。
精肉売場を見ると、あまり聞かない部位の鶏肉を発見。

価格も安価だし試してみるかと手に取った。




後日。さて、どう使おうか。カレーにするか、筑前煮にするか。どれも面倒だし時間がかかるな。

寒い夜でもあったし、簡単な鍋にしようと決めた。




材料はこんな感じ。
















こにくとはムネと手羽元の付け根の部分とのこと。








解凍品とはいえ、国産の鶏肉がg87円ならお得だ。





脂の乗っていない部位のようで、柔らかくはないが、旨味は強いという感じの肉質に見えるな。あまり煮すぎない方がよさそうだ。








白い部分はいわゆるスジだと思われる。処理するのは面倒なのでそのまま使おう。




汁も面倒なので白だしを使った。










水と白だしを適当な分量で混ぜて、火を入れる。







沸いたらいったん火を止め、適当にカットした材料を鍋に盛り付ける。





















あとはしばらく煮るだけ。
















で、完成だ。












緑がないのは寂しいが、野菜が未だ異常とも思えるほど高く、とても買えない。









実はちょっと楽しみな油揚げ。






買い置きの長ネギがあったのに入れ忘れた。。。




鶏肉とは相性のよいゆず胡椒を用意していただく。













いいじゃないか。




こにくは予想通り、食感は硬めだが、噛みしめると旨味がジュワっと出てくる。

これは旨い肉だな。
味の染みた豆腐にぶなしめじも旨い。
また油揚げが秀逸だ。
常温で保存できる、カップ麺に入っているような味の付いたもの。便利そうだと買ったものの、使い時が分からず、この際にと使ってみたのだが正解だ。
薄い味付けのだしで煮るだけで、いいつまみになりそうだ。




さて、こにくが中途半端に残っているが、次はどう使おうか。

肉質から判断するに、炒め物でもいいかもしれない。






https://gourmet.blogmura.com/taiwangourmet/ranking.html にほんブログ村 グルメブログ 台湾食べ歩きへ(文字をクリック)




台湾旅行ランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 一人酒へ
https://sake.blogmura.com/hitorizake/ranking.html (→文字をクリック)



男の料理ランキングへ


関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

こんばんはぁぁ~
へぇぇ~、「こにく」ねぇ。知らなかったわぁぁ。
こちらではそのような表示では売っていませんよ。
「こにく」と云うカテゴリーはこちらにはないですね。
どう云って売ってるんだろう? 今度肉屋の知り合いに聞いてみますね。

No title

> 小美(チビ)ちゃんさん

私もこにくという部位は知りませんでした(^-^;
この前、鳥貴族で食べた骨付きまつばといい、この間新しい発見が多いです\(^o^)/

No title

鶏肉とゆず胡椒の相性は抜群ですよ\(^o^)/
台湾の美味しい鶏肉にゆず胡椒を合わせたら美味しいんだろうなあ(^ω^)

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター

プロフィール

rollingattack

Author:rollingattack
ヤフーブログから引っ越してきました。
慣れるまでは更新も滞るかもしれません(^^;

台湾旅行

台湾食べ歩き