FC2ブログ

記事一覧

びんちょうまぐろとぶり@家飲み 前編 刺身盛合せ




魚食を増やす取り組み強化期間。




仕事で外出。退勤後、近くにあったスーパーに寄って食材を物色。

たまに違うスーパーへ行くと楽しいのだ。ただし、何がどこにあるのか分からないので、買い物に時間がかかるのだが。。。




旨そうな魚はないかと鮮魚売場へ。刺身コーナーへ行くと、生のびんちょうまぐろがかなり安いうえ、脂も乗っていそうなので試してみようと手に取る。

ぶりも手頃なものがあったので一緒に購入だ。











合わせて1000円近い出費になったが、3食はいけるだろう。




ぶり













背側の尾びれに近い部分?それでも養殖なのでかなり脂が乗っている。




びんちょうまぐろ













びんちょうまぐろは自分的にはあまり魅力的には思えず、普段はめったに購入しない。しかし、それにしては脂が乗っているし、そのうえ生というので試してみる気になったのだ。




適当にカットして盛り付けるだけ。











緑のものが何もない、殺風景な盛り付けになってしまった。かいわれ大根か大葉を買うつもりでいたのに失念したのだ。




びんちょうまぐろ











確かに脂は乗っている。包丁にもべっとりとまとわりつき、何度も拭かなければ切れないほどだった。
しかし食味はイマイチだ。身も脂も味が薄い。こういう魚種だということは分かってはいたのだが、やはりそうだった。




ぶり







刺身って難しい。カットはなんかこう波打ってしまうし、意識はしているのだが一切れの大きさも揃わない。

ただ、食味は間違いの無いもの。びんちょうまぐろ単品だけならつまらない晩酌になったが、ぶりに救われた。




この日のお飲み物は男梅の酒の炭酸割りだ。





実は外で少し飲んでからの自宅二次会だったため、軽く飲めるものを選択した。





さて、余った刺身を白飯のおかずとすべく仕込みを。







タッパー的なものに刺身を入れて、











醤油とみりんを適当に。









プレスンシールでなるべく空気をシャットアウト。









さらにラップを巻き、ひっくり返して味が染み込むようにして冷蔵庫へ。









続く。





https://gourmet.blogmura.com/taiwangourmet/ranking.html にほんブログ村 グルメブログ 台湾食べ歩きへ(文字をクリック)




台湾旅行ランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 一人酒へ
https://sake.blogmura.com/hitorizake/ranking.html (→文字をクリック)



男の料理ランキングへ


関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

こんにちはぁぁ~
おぉ~、ブリの柵取りを買ってくるのはよいですよね。
大きさが分かりませんが500円は安いのでは?
私も柵があればそちらを買いますよ。でも買いに行くのが遅いのでいつもほとんど柵は売り切れてますね。売れ残っていたら買うと云うパターンかな。ブリの漬けは作ったことないので今度チャレンジしてみますね。

No title

今宵は、GOGOカレー 無論、レトルト…に、揚げ物乗せ…らしいでぇす
肴は、魚を!

No title

> えいとまんさん

カツカレーですかねぇ?

カツでビールと酎ハイ、カレーライスで締め、という黄金の組み合わせじゃないですかぁ(^ω^)

羨ましいです(^-^;

No title

> 小美(チビ)ちゃんさん

g299は相当安いですよ\(^o^)/
びんちょうまぐろは買わず、ぶりのもう少し大きい柵にすればよかったです(^ω^)

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター

プロフィール

rollingattack

Author:rollingattack
ヤフーブログから引っ越してきました。
慣れるまでは更新も滞るかもしれません(^^;

台湾旅行

台湾食べ歩き