FC2ブログ

記事一覧

天府麺庄@台北 口水雞・燃麺・風味粉蒸排骨 2017.12 台北旅行




國父紀念館で衛兵の交代式を見学したあと、程近くのこの店に。




天府麺庄




外観











店頭メニューとかの掲示物









この店は同行者が選択したので、自分的には全く情報は無かったのだが、どうやら四川料理の店のようだ。

辛いのは苦手なのだが。。。



注文表




こんな感じでオーダーした。



店のご主人は日本語がペラペラで、いろいろ世話を焼いてくれる




店内の様子はこんな感じ。







啤酒は無いと言うので、近くのコンビニへ。




口水雞と燃麺がほぼ同時に登場。

口水雞













燃麺。これはよく混ぜていただく。

















どちらも相当辛い。唐辛子のピリピリする辛さと、花椒のビリビリする辛さが同居している感じ。
汗が吹き出る。口の中をリセットさせようと啤酒を飲むが、これは逆効果だ。
ますます舌がひりひりする。

確かに奥の奥の奥の方に旨味も感じるが、辛いのが苦手な自分にはちょっと辛い。





風味粉蒸排骨が到着。









蒸したての熱々が登場。さつまいもと骨付き豚肉の蒸し物だ。これは辛くない。がしかし、口水雞と燃麺の辛さでヒリヒリしている口の中に、この熱々の料理を入れると頭を抱えたくなるほど刺激的だ。

ただし、口の中が落ち着いてくると、カボチャと勘違いするほど甘くてねっとりしたさつまいもと、優しい味わいの豚肉が心地よい。これは旨いね。




食後、「辣」と「麻」の辛さの違いを同行者に偉そうに説明していたら、ご主人が話に加わり熱く語ってくれた。特に「麻」に拘りが強いようだ。




料理もご主人も熱い店だった。





粉蒸排骨をはじめ、辛くない料理もあるみたいなので、また再訪したい。






https://gourmet.blogmura.com/taiwangourmet/ranking.html にほんブログ村 グルメブログ 台湾食べ歩きへ(文字をクリック)




台湾旅行ランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 一人酒へ
https://sake.blogmura.com/hitorizake/ranking.html (→文字をクリック)



男の料理ランキングへ


関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

得意だったころは、こういうやつをばりばり食べていました。
最近は辛さにずいぶん弱くなってしまいましたよ。
マーとラーのバランスは大切ですね。

No title

> てつあんさん

マーはそこそこいけるのですが、ラーがちょっと。。。(^-^;

でもこの店は辛くないメニューも多分美味しいと思うので、再訪したいです\(^o^)/

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター

プロフィール

rollingattack

Author:rollingattack
ヤフーブログから引っ越してきました。
慣れるまでは更新も滞るかもしれません(^^;

台湾旅行

台湾食べ歩き