FC2ブログ

記事一覧

阿城鵝肉@台北 鵝肉・鵝油拌飯等々 2017.12 台北旅行




朝食を3食いただき、朝市を見学。部屋で少し休息だ。

この日の行動計画を軽く打ち合わせ。さて、昼食の時間だ。




6月の訪台時、最終日に訪問_甬邉事→https://blogs.yahoo.co.jp/rollingattack_2016/15065747.html)し衝撃を受けた阿城鵝肉へ。

今回の旅行のメインの一つ。絶対に再訪したかったのだ。




外観













昼時だが並びは無く,すんなり入店することができた。




店内の様子







並びは無いものの、店内は混雑しており次々に客が入ってくる。地元客に愛されているお店のようだ。




メニュー







この旅行は複数で行ったので、ここぞとばかり色々と注文。




何はともあれ台湾ビール。





この日最初のアルコール摂取だ。飲まずにはいられない絶品料理がこれから登場する。




鵝腸湯









読んで字のごとく。コリコリとした食感が、楽しいもの。スープとはいえ、これで啤酒を飲むことができるな。




地瓜葉







野菜補給。日本では見かけないさつまいもの葉っぱ。癖がなく、にんにくの風味が啤酒を進ませる。




意図した訳ではないだろうが、メインまで順番に出てくる。




鵝油拌飯











鵝の脂をかけた白飯だ。鵝肉で啤酒を飲みたいのはもちろんだが、鵝油拌飯も必食しなければならないメニューなのだ。
まあ、この飯をつまみに啤酒が飲めたりもするのだが。。。




最後に満を持してメインの鵝が登場。

先ずは部位の指定ができない1~2人前の肉を白斬で。













肉はおそらく脂の少ないむねの部位。しかしパサつくことは無く、しっとりとした食感。噛み締めるほど旨味が口の中に広がる。

旨味が無くならないので、飲み込むタイミングが分からないくらいだ。




続いて、後半段(較嫩)を煙燻で。

















迫力のある一品。部位はももだ。柔らか食感で適度な脂。燻された脂が堪らないもの。特に皮のところの旨味が強く、奪いあうように口に運ぶ。




戦いの後。







絶品としか言いようがない。




較嫩か較痩か、白斬か煙燻か。

食べたばかりなのに、次回訪問時、どういう組み合わせで注文するかと考えてしまう。




もう、鵝肉無しの台湾は考えられない。




この店以上の鵝肉があるとは思えないが、それを探しに行くことが、この先の目的になってしまった。




名残惜しく厨房を眺める。











もう、それごとよこしてくれと言いたい。





https://gourmet.blogmura.com/taiwangourmet/ranking.html にほんブログ村 グルメブログ 台湾食べ歩きへ(文字をクリック)




台湾旅行ランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 一人酒へ
https://sake.blogmura.com/hitorizake/ranking.html (→文字をクリック)



男の料理ランキングへ


関連記事
スポンサーサイト



コメント

No title

料理の写真も良いけど、最後の写真がステキですね。(^o^)

No title

判ります、私も今日はこれからガチョウを買いに行きます〜(^o^)丿

No title

> てつあんさん

見た目北京ダックのようですね(^ω^)
北京ダックも台湾で食べたことがありますが、こちらの方が圧倒的に好みです\(^o^)/

No title

> 猿吉君ビールはジュース!!さん

いいですね~(^ω^)
鵝肉蔡ですか?
いつでも食べられる環境は羨ましいです(^-^;

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター

プロフィール

rollingattack

Author:rollingattack
ヤフーブログから引っ越してきました。
慣れるまでは更新も滞るかもしれません(^^;

台湾旅行

台湾食べ歩き